夜間の教員養成課程と夜間大学院

nenkaku

大阪教育大学の沿革

1927.9
天王寺師範学校の改築工事を終了し、新校舎に移転
1939.7
池田師範学校新校舎第1斯工事完成、附属小学校が移転して授業を開始
1941.4
国民学校命施行により附属小学校を附属国民学校と改称
1942.1
「国民勤労報国命施行規則」により師範学校生徒も出勤開始
1942.4
池田師範学校、池田市城南町に新校舎が完成し移転
1942.4
大阪府から国への移管により、天王寺師範学校・女子師範学校は「大阪第一師範学校」男子部・女子部、池田師範学校は「大阪第二師範学校」と改称され、本科3年・予科2年の専門学校となる
1944.1
大阪第二師範学校女子部の生徒募集(本科180人・予科40人)
1944.4
同校女子部、南河内郡富田林町毛入谷の元大阪府立富田林高等女学校跡に開く
1944.8
「学徒勤労命」公布により、学校報国隊が組織され、勤労勤員が行われる
1944.9
大阪第一師範学校附属国民学校初等科3年から6年までの107入の兄童が南河内郡東条村の「若楠寮」を分教場として集団疎開
1945.4
「決戦教育措置要綱」により1年間授業を停止し、本土防衛と生産増強に挺身
1945.5
戦時教育者公布により「学徒隊」が組織され、本土決戦に備える
1945.7
大阪第一師範学校男子部附属国民学校高等科生徒が泉北郡信大村の神州塾に宿泊し、和泉訂の森函航空株式会社に勤労勤員
1946.5
大阪第二師範学校、1ケ月遅れて入学式を行う
1947.4
新学制により附属国民学校は附属小学校と改称言れ、附属中学校が併置される
1948.7
「大阪学芸大学設置課可中請書」を文部大臣に授出
1949.3
大学設置審査委員会総会において大阪学芸大学の設置を可決
大阪第一師範学校及び大阪第二師範学校を包括して「大阪学芸大学]学芸学部となり、小学校教員養成課程・中学校教員養成課程を設置
大阪第一師範学校長北川久五郎が初代学長に就任
1949.6 大阪学芸大学開学
1949.7
新入生574入を迎え、第1回大阪学芸大学入学式を挙行
1949.11
天王寺分校講堂で開学記念式を挙行
1950.4
聾学校教員養成二年課程を平野分校に設置
学芸を研修する課程(2年・4年)を設置
1951.3
大阪第一師範学校・大阪第二師範学校・富田林分教場が廃止
1951.4
附属天王寺小学校・附属天王寺中学校・附属池田小学校・附属池田中学校・附属平野小学校・附属平野中学校・附属幼稚園を設置される
1952.4
特別教科(音楽)教員養成課程を設置
1953
学芸を研修する課程(2年・4年)を廃止
1954.4
第二部(夜間課程)小学校教員養成五年課程を天王寺分校に設置
学芸専攻科(教育・心理・社会科教育・理科教育・絵画・体育・音楽)を設置
1955.1
教育研究所を設置(学内措置)
1956.4
天王寺分校・池田分校に附属高等学校を設置
中学校教員養成二年課程を廃止し学生定員を4年課程に振替え
1958.4
学科制を導入
1959
小学校教員養成二年課程を廃止
1961.5
理科中央研究室を設置(学内措置)
1963.4
養護学校教員養成課程を設置
1964.4
特別教科(音楽)教員養成課程の新校舎が池田分校内に竣工
1965.4
特別教科(数学・理科)教員養成課程・聾学校教員養成課程を設置
1966.4
附属養護学校が設置され、養護教諭養旅所を付置         
1967.4
幼稚園教員養成課程を設置
1967.6
大阪学芸大学から「大阪教育大学」へ学名を変更
1968.4
大学院教育学研究科(修士課程)を設置(学校教育・国語教育・社会科教育・数学教育・理科教育・英語教育の6専攻を置く)
1969.4
肢体不自由児教育教員養成課程を設置
1964.4
言語障害児教育教員養成課程を設置
1971.7
大阪教育大学教授会が柏原市旭ケ丘を移転統合の第一候補地に決定
1972.4
附属高等学校平野校舎を設置
1973.4
病虚弱児教育教員養成課程を設置
1974.4
大学院教育学研究科に家政教育専攻を増設
特殊教育特別専攻科を設置
保健管理センターを設置
同和教育センター発足
1975.4
大学院教育学研究科に音楽教育・美術教育・保健体育の3専攻を増設
1976.4
養護教諭養成課程を設置
1976.4
大学院教育学研究科に障害児教育専攻を増設
1988.4
教養学科を設置
障害児教育五課程を改組し、障害児教育教員養成課程を新設
教育学部附属教育実践研究指導センターを設置(同和教育センターの機能を吸収)
特別教科(音楽・数学・理科)教員養成課程を廃止
大講座制の採用(第二部を除く)
大学院教育学研究科修士課程において大学院設置基準第14条による教育法の特例を実施
1989(平成元年)
留学生指導センターを設置
1991.12
近畿日本鉄道「大阪教育大前]駅開業式が行われる
情報処理センターを設置
1992.5
柏原キャンパス開校記念式典を挙行
1993.4
大学院教育学研究科に技術教育・総合基礎科学・健康科学(天王寺キャンパス・夜間)の3専攻を増設
1994.4
大学院教育学研究科に国際文化専攻を増設
1994.8
事務局校完成をもって、柏原キャンパスのほぼ諭施設が整備される
1995.3
教育専攻科を廃止
1995.4
大学院教育学研究科に芸術文化専攻を増設
1996.3
情報処理センター竣工
1996.4
大学院教育学研究科に実践学校教育専攻(天王寺キャンパス・夜間)を増設
1999.4
第二部で大講座制を採用
2000.4
生涯学習教育研究センターを天王寺キャンパスに設置
小学校教員養成課程及び中学校教員養成課程を改組
教育学部附問教育実践総合センターを設置
教育学部附属教育実践研究指導センターを廃止
2000.12
天王寺キャンパスの新校舎完成(放送大学大阪学習センターと合築)
2002.4
大学院教育学研究科に養護教育専攻を増設
障音児教育教員養成課程に脱党障害教育コースを増設
2003.4
学校危機メンタルサポートセンター(全国共同利用施設)設置
2004.4
国立大学法人大阪教育大学発足
2006.4
教職教育研究開発センターを設置(教育実践総合センターと生涯学習教育研究センターを統合)
2007.4
科学機器共同利用センターを廃止
科学教育センターを設置

西暦年 月 日事 項
1954昭和29年04月01日大阪学芸大学第二課程設置申請認可 大阪学芸大学第二部(夜間課程)として開設される入学定員(小学校教諭養成5年課程)1年次50名3年次編入50名(大阪学芸大学天王寺分校校舎を共用する)
1954昭和29年04月30日第1回入学式が挙行される 入学者 1年次42名/3年次編入32名
1955昭和30年10月01日久末啓ー郎教授第二部主任を命ぜらる
1957昭和32年12月23日教授会(教授のみ)において第二部の学年進行に伴う定員表が制定される
1959昭和34年12月09日高橋睦男教授第二部主任を命ぜらる
1960昭和35年05月01日天王寺分校事務部に第二部担当の学事係が設置される
1964昭和39年02月25日文部省令第3号 国立大学の学科及び課程並びに講座及び学科目に関する省令が公布され第二部定員表(現行の定員表)が編成替された
1965昭和40年01月01日大阪学芸大学第二部主任を廃し夜間学部主事が置かれ高橋睦男教授が夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1965昭和40年02月20日盛田嘉徳教授夜間学部主事に就任
1967昭和42年02月20日松村栄三教授夜間学部主事に就任
1967昭和42年06月01日学名を大阪教育大学教育学部第二郎に名称変更(昭和42年法律第18号 国立学校設置法の一部を改正する法律による)
1969昭和44年02月20日松村栄三教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1969昭和44年05月01日松浦伯夫教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1969昭和44年08月15日盛田嘉徳教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1969昭和44年10月15日斎藤 洋教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1970昭和45年05月16日井忠雄教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1971昭和46年04月01日菜嶋健夫教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1971昭和46年09月16日阪田巻蔵教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1972昭和47年04月01日第二部に事務部総務係が設萱され天王寺分校事務部より分離され学事係が廃止された
1972昭和47年01月大阪教育大学教育学部夜間学部事務長が置かれ亀田武夫事務官が夜間学部事務長心得を命ぜられた
1972昭和47年04月20日青谷甚夫教授夜間学部主事に就任
1972昭和47年01亀田武夫事務官夜間学部事務長に就任
1973昭和48年04月01日前田林三郎事務官夜間学部事務長に就任
1974昭和49年04月01日吉備吉和事務官夜同学部事務長に就任
1976昭和51年04月1日野ロ六治事務官夜同学部事務長に就任
1977昭和52年05月01日松平立行教授夜間学部主事に就任
1977昭和52年016前田 昇教授夜間学部主事事務取扱を命ぜらる
1977昭和52年02月16日加藤憲ー教授夜間学部主事に就任
1979昭和54年07月20日森 一郎教授夜間学部主事に就任
1980昭和55年02月01日岡田 博教授夜間学部主事に就任
1983昭和58年04月01日第二部事務部に学務係が増設される
1984昭和59年02月01月宮谷 憲教授夜間学部主事に就任
1984昭和59年04月01日山田和夫事務官夜間学部事務長に就任
1985昭和60年03月23日第二部30年記念誌発行される

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional